スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

五十鈴神社の三国煙火 (初三国編) 1

9月23日 信州駒ヶ根市にある「大宮五十鈴神社例祭の宵祭」が行われました。

 

お祭りの内容は、おいらが抜粋して書いても、わからないこともあります。

ここ五十鈴神社の宮司さんのブログにリンクを貼らせてもらっています。

まずは、こちらを是非、ご覧になって、このお祭りについてわかってから、写真を見てください^^

 

 

五十鈴神社「宮司の社務日誌」 (五十鈴神社例祭カテ)

        ↓

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/blog-category-23.html

ちなみに、ブログの宮司さん、楽しい方^^で、神道や地域の神事などわからないことがあれば

マメに教えてくれますし、ちなみに、おいらも、よくコメント書き込んでいます^^

神事のことで、わからないことがあれば、聞くとコメントしてくれると思いますよ。

 

 

駒ヶ根市の当番地区の氏子衆が、三国煙火を神社に奉納し、櫓の最上部にあげて固定して

仕掛けた花火の下を練る流れになっています。

今回は、最初の「初三国」と呼ばれる三国煙火の神事です。

 

「わっしょい わっしょい」と、威勢よく氏子衆が、神社の山門を初三国をかつぎ上ってきます。

境内内に入り、まず、五十鈴神社本殿にて奉納しますという神事があります。

 

 

 

奉納の神事後 はじめから組まれている櫓の最上部に、氏子衆らで固定します。

 

 

 

固定後、伝令隊が隊長に、「三国伝令 固定終了しました」と報告し、

いよいよ仕掛け煙火のはじまりです。

 

 

花火は、四方八方に固定され、順番に吹きあがります。

その下を、氏子衆が練っています^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは下へ

http://myhome.cururu.jp/surf2575/blog/article/61002353191

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/09/25 08:33 ] 信州の祭り・花火など | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1269-fce888d0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。