スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上高地の猿 2  かっぱ橋編 

前回の猿のお話の続きです^^

信州上高地かっぱ橋 ご存じの方はたくさんいると思いますが

穂高連峰がそびえ、透明度のある梓川の源流が流れる、上高地と言えば、かっぱ橋と言うくらい

観光客のほとんどが訪れる風光明美な場所で、芥川龍之介の小説「河童」の舞台となって一躍有名になった橋だそうです。


DSC_9522.jpg



木の実を食べていたお猿達、満腹になったのか群れの移動がはじまりました^^


皆、かっぱ橋を渡って、山の方へ向かって行きました。

DSC_9476.jpg


橋は、観光客が多いので下のワイヤーを器用に渡って行きます^^


DSC_9477.jpg


観光客も、おいらもシャッターチャンス ヽ(*^▽^)ノワーイ


こんな機会は滅多にありません^^


DSC_9479.jpg




おおっ^^ 親猿の背中に、小猿が器用に乗ってます。


DSC_9481.jpg





DSC_9488.jpg





小猿が重かったのか、かっぱ橋に登り、観光客の間をぬって橋を渡って行きました^^



DSC_9489.jpg



Nikon D300

Nikon AF-S NIKKOR 70-300mm VR


2010.10.13撮影
信州上高地


よかったら、クリックしてね ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/17 18:46 ] 紅葉のある風景 | TB(0) | CM(16)

子猿を背負って、ワイヤーを渡るのは疲れちゃったんですね。
このお猿さんが、静かに平和に橋を渡って、暮らしていけることが
どんな時も出来る状態でありたいと思います。
[ 2010/10/17 23:27 ] [ 編集 ]

ビックリですね!猿は遠慮して橋の下を渡るのですね。
本当は人間はいなくてもいいところなのに・・・
なかなか出くわさない場面ですね
[ 2010/10/17 23:31 ] [ 編集 ]

おサルはこんなところを渡っていくんですね~。
橋を渡っている人たちは気がつかないのかなあ。
[ 2010/10/18 00:39 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/10/18 06:16 ] [ 編集 ]

微笑ましいと言うのか
自然の前では平等でいようよというべきか・・・
橋をつくったのは人間ですから微妙ですね(^^ゞ

梓川の清流
澄んだ空気。
橋を利用している同じ哺乳類。

子ザルの親子の縦の画素晴らしいです。

この猿たちがいつまでも住みやすい上高地であってほしいですね!!


[ 2010/10/18 16:12 ] [ 編集 ]

面白い絵ですねぇ^^上高地にこんなに猿がいるなんて知らなかったです^^;
[ 2010/10/18 21:26 ] [ 編集 ]

一枚目のアングルがナイスですね。
以前、秋に出かけたときは猿なんていなかったのに・・・^^;
[ 2010/10/18 23:05 ] [ 編集 ]

こんにちは

サーフさん、こんにちは
驚きましたねかっぱ橋に猿が渡っている景色初めて見ましたよ
子ざると親ざるの可愛い姿感激しました♪~
何時もありがとうございます☆
[ 2010/10/19 15:12 ] [ 編集 ]

>薔薇ねこさん

結構水量があったので、落としたら大変と思ったんですかね。
和む光景でした^^
[ 2010/10/19 18:41 ] [ 編集 ]

>野うさぎさん

まあ、この橋は人のために作ったものだからねえ^^
観光客のペースでここを通るよりも、ワイヤーの方がお猿のペースで歩けると思ったんじゃないかなあ。
小猿を乗せた猿は、リスクを承知で橋に登ったと思いますよぉ^^
[ 2010/10/19 18:44 ] [ 編集 ]

>いわんくん

気づいてる人はたくさん居たとは思いますが、それよりここの景色は絶景なので
猿よりも景色の人の方が多かったと思います^^
[ 2010/10/19 18:46 ] [ 編集 ]

>タッキーさん

気を使っていただいてすいません。
[ 2010/10/19 18:48 ] [ 編集 ]

>韋駄天くん

そうですね^^ 微妙だと思います。
猿達もあったから、ここに来れたわけで^^
いつまでも、この光景は大切にしていきたいですよね。
「上高地 猿」と検索したら、ここのスタッフブログがありました。
どんどん観光地に入ってくる猿を意図的に追い出しをしていると書いてありました。
どこかの観光地のようになったら、お互い悲劇ですよね。
スタッフは、大変ですが、人の縄張り、猿の縄張りを、大切にしていって
観光客にも啓蒙が必要だろうなと思いました。
[ 2010/10/19 18:54 ] [ 編集 ]

>殿

おいらも、こんなにいてびっくりでした^^
やはり、どこも熊が里に出たとか、猿が市街地に出たとかの影響ですかねえ。
[ 2010/10/19 18:56 ] [ 編集 ]

>Hanpenさん

1枚目は、かっぱ橋の雰囲気を見せるために、遠景で撮ったスナップでしたが
雰囲気が出ましたねえ(笑)
おいらも、猿との遭遇は初めてですよ^^
[ 2010/10/19 18:58 ] [ 編集 ]

>高原季彩

やはり、信州人の高原季彩さんも初めてでしたか^^
自分も上高地のこの界隈は毎年歩いていますが、猿の声すらも聞いたことはありませんでした。
シャッターチャンスだったようですね。
ありがとうございます^^
[ 2010/10/19 19:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1558-0753555c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。