スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011 信州「大宮五十鈴神社」の例祭 その3 「奉納」

ここ、『信州大宮五十鈴神社』は、

長野県の南に位置する駒ヶ根市 上穂・北割1区・2区・中割・南割 5区の氏神様の「大宮五十鈴神社」です。

祭神は「天照大御神様」(伊勢)、「熱田大神様」(熱田)、「建御名方大神様」(諏訪)始め

13柱の神様が、明治に合祀。

(以上、五十鈴神社『宮司の社務日誌』のブログからプロフィール引用 宮司さん借ります^^)


このお祭りは、いきなり煙火が始まるのではなく、「伝令隊」が、境内と、本体がいる場所、を往復し

その都度、「煙火本部」に報告します。

ho01.jpg


これから、「大三国」を奉納しますという伝令です。

「三国」とは・・・三国は、唐土(中国)・天竺(印度)・倭国(日本)のことから転じて全世界の意味であるとのことです。


「大三国」を参道から担いできます。

「大三国」の元は、地元の山から木を伐採し、「山出し神事」を行い、三国の筒になるとのことです。

「山出し神事」の模様は宮司さんのブログより借用します。




本殿に奉納したあと、境内に向かいます。

ho02.jpg



氏子達は、皆、若者です。

ho03.jpg

この地区の若者達の登竜門のようなお祭りなんです。



木遣りが歌われ、「よいしょ よいしょ」の掛け声とともに、氏子が縄を引き、櫓に「三国」を吊りあげます。


ho04.jpg


you tubeにちょっとだけ掲載しました。雰囲気だけでも^^ こんな感じです。
(Nikon D7000で撮影しました。動画は、初三国の吊り上げのモノです)

三国引き上げ     


取り付けが完了した後、また「伝令隊」が煙火本部に報告します。

ho05.jpg


報告後、「大三国」の始まりになります。


ho06.jpg


2011.9.23撮影 信州駒ヶ根市「大宮五十鈴神社」例祭

*前回の記事で「小三国」と書きましたが、「初三国」の間違いでした。訂正します。



いつも、応援ありがとうございます。
励みになりますので、よかったらクリックしてください。

↓      ↓      ↓

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

今回はコメント欄は設けませんので応援お願いします。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/28 23:19 ] 信州の祭り・花火など | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1671-d0ab77cc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。