スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空を見上げれば秋がある

秋の雲ってなんていうの?と思って、秋雲で検索していたら、
「空を見上げれば秋がある」ってツイッターで人気とあったので、
そのままタイトルをパクっちゃいました(笑)

柿の木の撮影のあと、柿の木の道をもう少し南の方に
柿の木の記事の時に書きましたが、ここは長野県駒ケ根市東伊那という場所で
駒ヶ根市東側の高台です。
柿の撮影時は、雲ひとつない空でしたが、大気の変化があったようで、このような状況に変化しました。

信州南部を伊那谷と呼びます。
伊那谷は、南北に流れる天竜川の東側に赤石山脈(南アルプス)、西側に木曽山脈(中央アルプス)があります。
谷とありますが、そんなにVの字にはなっていません(笑)

この地、駒ヶ根市東伊那から見た、木曽山脈(中央アルプス)です。
正面のややとんがった山が、中央アルプスロープウエイで有名の「駒ケ岳」
千畳敷カールと呼ばれる地がある場所で、初夏には、天空の花畑が見られます。
ロープウエイ使い山頂駅で下り、千畳敷カールを経て、1時間ほど歩くと駒ケ岳のてっぺんまで登ることができます。
そこからの眺めは、最高です。


観光ガイドのようになっちゃいましたが・・・
この日、秋雲が見事でした d(*^o^)

koma001_20111110090926.jpg




koma002_20111110090926.jpg



koma003_20111110090926.jpg


中央アルプスは紅葉も終わり、晩秋・初冬の装い、雪化粧するのを待っています。
白く染まると、来年の6月くらいまで雪が残ります。

2011.11.1撮影 信州駒ヶ根市東伊那「ふるさとの丘」


*ここのコメント欄はお休みします。



いつも、たくさんの応援ありがとうございます!

撮影の励みになりますので、クリックお願いします。
↓   ↓    ↓
にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/10 09:17 ] 紅葉のある風景 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1696-35a0223d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。