スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時代の目

ご無沙汰してます。ブログ周りもせずすいません

さて・・・
昨年の12月27日の中日新聞に掲載された記事

「私の先生」のタイトルで、動物写真家の宮崎学氏が語っていた記事を母が持ってきました。
img139-1.jpg
実は、この先生は、7年前に他界した、うちの父親(新聞記事は実名の部分は消してあります)

宮崎氏のツイッターを見つけ、お礼と訪問をお願いしたところ、快く了承していただき
1月9日に宮崎氏に会ってきました。

主目的は、以前父の書斎を整理していたところ、大切に保存されていた学校文集の山
捨てるに捨てられないし、どうするか母と弟と相談し、まとめて1冊の本にしました。
弟が、スキャナーで読み取り、印刷屋に持ち込み本になりました。

文集の一部の記事に、この宮崎氏が幼少だった頃の思い出話や、
出版記念の催しに自分も呼ばれて行ったことなども記載されていました。
祝賀会

この記事らが詰まった文集を、今も恩師として新聞に書いていただいた宮崎氏に渡せれば亡父も喜ぶだろうと思いました。

DSC_4404.jpg
写真の傍らにあるのが、今回持参した父の文集です。

もっと厳しい感じの方かなあと思ったら、すごく気さくで話し好きな方でした。
短い時間でしたが、色んなことを話されていました。

今回の地震や原発事故などのためか、または、また地震が起こるかもしれないのか
この冬、鳥類が少なく、特に小さい野鳥を目にすることが少ないとか
毎年、冬場のリスのために餌を撒いているが、リスが来ないとか
次に地震が来てもいいように、備えは万全にした方がいいぞとか、語られていました。

DSC_4412.jpg

一応、自分も写真をたしなんでいるんですけど・・・と、話すと
「『時代の目』を持って撮影したらおもしろいぞ」と一言
普通の風景写真はメッセージ性もなにもなくおもしろくないからと・・・
震災が起きて、節電のために、自動販売機も電気を消しているメーカーもある 
街の灯りも以前とは違うとか    などなど

DSC_4413.jpg

今まで、風景写真撮ってきて、そんな視点はなかったなあと痛感
そして、自然は常に警告しているんだなと、焦ってもきました。

DSC_4414.jpg

今年は、そんなことを意識して撮影してみようかなと思いました。

Nikon D7000 
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di
Nikon Captuer NX2


2012.1.9撮影
信州駒ヶ根市某所「宮崎さん宅」
*写真の撮影、ブログへの掲載は、本人の許可を得ています。文章は、見せていません。文責はサーフです。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


注文中のトヨタアクアの記事、こちらに更新してます。
トヨタアクア納車は2月中下旬かな?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/23 10:01 ] いろいろ | TB(0) | CM(27)

Re: 時代の目

自分の父親が誰かに尊敬されてたと思うと、とても嬉しく感激しますね(゚∀゚)/
[ 2012/01/23 13:36 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

Re:グレさ

他界してからもなお、このように思われているって、ホント嬉しいですよね^^
[ 2012/01/23 13:40 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

宮崎先生がかたったお父様の記事
感動しました(*^_^*)

お父様の心が多くの生徒さんの今を
つくっていらっしゃる!!
素晴らしいです!!

「『時代の目』を持って撮影したらおもしろいぞ」
宮崎先生の言葉を
韋駄天も心にとめてファインダーのぞきたいです(*^_^*)
[ 2012/01/23 16:21 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

時代の目。深いお言葉ですね。
1日1枚でもいいから自分なりに考えて撮ってみたいと思います。
昨日の現場だって白鳥と洪水の工事現場があって。。数枚撮っておけば良かったと反省しています・・・。

教育者って素晴らしい職業だと思います。
お父上のような先生がこれからも多くご活躍されてほしいと思います。
[ 2012/01/23 18:11 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:韋駄天

実は自分は、亭主関白だった父があまり好きではなかったんですが
学校では違う顔を持っていたみたいです・・・(笑)
亡くなって、写真を本格的に撮るようになった今、もっと父と野山とか行けばよかったと後悔しました。

心の目で写真撮ってきましたが、それより時代の目で今後は見て行きたいなあと
宮崎さんと話してきて、かなり写真というもののプロの目と考え方を学ばせていただきました。
[ 2012/01/23 18:27 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:u-kazuさん

白鳥を撮るなら、俺だったら満月の夜を選ぶよと、一言でした。
なるほどと 納得

教育者はよい職業だと思いますが、新聞に書かれている内容を今行えば、
懲戒免職・・・(笑) 大騒ぎになりますよ^^
暴力なのか、愛情なのか 見極める人が少なくなりましたね^^
[ 2012/01/23 18:34 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

こんばんは☆
今自分があるのは先生のおかげ!
そう思える先生に出逢えたってことは
すごいことですね!
しかも、その先生がサーフさんのお父様だったとは!
宮崎先生の言葉もイイですね~。
時代の目(^^)
写真集『死』が気になります!!ぽち
[ 2012/01/23 21:29 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

ご無沙汰しています。
お父様素敵な先生でらっしゃったんですね。
子供の個性を潰してしまうことってたくさんあるんでしょうが、お父様のように宮崎さんの個性を伸ばせるよう時には厳しく時にはノビノビ指導されていたんだろうなって記事を拝見して思いました。
私も素敵な先生に出会えたと思っていますが、お父様のような先生にも出会いたかったな。
[ 2012/01/23 22:03 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:Aqua

今もなおそう思っていただけるとは嬉しいね。
父が生きている時に聞かせてやりたかったなあ^^
うちの父の教員時代は、よくわからなかったけど
葬式の時に教え子が山ほど来て、葬儀場周辺、大渋滞でした。
死んでからわかった、父親の姿って感じで・・・^^;

写真集「死」一度見てみるとよいと思います^^
[ 2012/01/23 23:29 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:Hanna

葬式終わって数日後に、教え子の親子がやってきて、仏前で泣き崩れました。
なんでも、父に出会う前は、どの教師も知的に障害があると言われ続け
でも父は違うと、普通の教育と、彼の得意な水泳を伸ばしたとか・・・
そして今は、国立大学に在籍していると
こうなったのも先生のおかげですと言っていました。
青年がすごい勢いで泣き崩れている姿を見て、父の教育って・・・って
亡くなってから親を見なおしたわけです。
だって、うちにいる時は、怒られたキオクやご機嫌伺いのキオクしかなかったですから (笑)
[ 2012/01/23 23:35 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

現在けんさんが帰省していないので
私が勝手に拝見しに参りました。

深いお話ですね。
お父様の教育者としての矜持を感じます^^
だからこそ、今も恩師と慕われるんでしょうね^^

ポチッ
[ 2012/01/23 23:59 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

わぁ凄いですね~
感慨無量ですね
お父様への記憶が蘇ったり・・・大きな存在であったんだろうと察します。。

これで最近更新してなかったんですねw
色々多忙で~~ww

亡くなってもまだ語り継がれるっていいな うん!(^^)
時代を意識して撮るか~面白いかも~^^
久々に深~い良い話聞けたかも~(。・_・。)
[ 2012/01/24 00:29 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

おはようございます。
お父様は先生だったのですね、しかもまだこれだけ
慕われてらっしゃるとは素敵ですね。

時代の目、そういう視点も面白いですね(^^)
[ 2012/01/24 06:22 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

おはようございます。
お父様の生きてきた人生が教え子に伝わり
慕われて素晴らしい人生だったのでしょうね。
私の小学生の時の担任の先生が似ていました。
よく男子にチュークを投げていましたよ(ちなみに女性の先生です)(笑)
男の先生は外へ行って自然の中での授業をそれが今でも
覚えているほど思い出になっています。
ちょっと変わった個性のある先生って大人になっても
心の中のポケットにいつも入っているものですね。
いいお話をありがとうございました。
[ 2012/01/24 08:25 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

「時代の目を持って・・・」ですか。
なるほどですね。
被災地にいながら考えてませんでした。
反省・・・。
[ 2012/01/24 09:27 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

こんばんは~。ご無沙汰しておりまして申し訳ありませんorz

サーフさんのお父さん、先生だったのですね。

自然は常に警告している…てすごくわかります。
小さな変化に人も気づいて動かないとだなぁって
改めて感じました。
[ 2012/01/31 22:49 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

初めてコメします。
いつもあ!って気づかせてもら事の多いい写真がいっぱいで楽しく訪問させてもらっています。

今日はとってもいいお話で勢いつけてコメント欄を開いてみました。

人は本当にいろいろな形で多くの人と縁が続いているのですね。
自分が関わる人は自分だけに影響をあたえてるわけではないんですね~。

なんだかとても暖かな気持ちになりました。

これからも時々遊びに来ていいですか?
[ 2012/02/01 13:46 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

大変ご無沙汰しています。
以前、別のブログでお世話になっていました。
久しぶりにサーフさんの写真を見て、とても懐かしくなりました。
また遊びに来させていただきます。
[ 2012/02/01 18:14 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:土佐けんの助手 さん


放置していてすいません。
コメントありがとうございます。
「矜持」 難しい漢字で意味もわからなかったので調べました(-_-;)
ありがとうございます^^
[ 2012/02/05 10:03 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:バク

この時期になって、プロの写真家に語られると嬉しいですね^^
[ 2012/02/05 10:04 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:lawさん


放置中ですいません。
宮崎氏は、著書でもいろいろと書いていますが、この時期になって、語っていただいたことは
教師冥利につきるってもんですね。

時代の目 意識します^^
[ 2012/02/05 10:11 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:かえでさん


放置していてすいません。
この個性が写真家として成功したと思います。
未だ、宮崎氏の目は子供のようにキラキラと輝いていて
見習わなければという感じでした。
父は、うちでは亭主関白で近寄りがたい存在でした。
自分も、閉ざしていたということもありましたが、もっと学ぶべき存在だったなあと、後悔してます。
[ 2012/02/05 10:15 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:マリアン


時代の目も一考です。
自分もそんなことは考えてませんでしたから^^
今後は意識したいとは思いますが、信州の田舎から発信できるかは不明ですね。
[ 2012/02/05 10:17 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:タラ

いえいえ^^; こちらこそ放置していてスイマセン○┓ペコ

自然からの警告は、深刻のようですね。
備えあれば憂いなし 常にメッセージを心に刻んで行きたいです。
[ 2012/02/05 10:19 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:amaotoさん

訪問&初コメ ありがとうございます。
放置中で、レスが遅くなり、すいません。
記事読んでくれてありがとうです。
そうですね「縁」は大切です。
その時、その瞬間の出会いは、全て「縁」とタイミング
それが、人生を左右することも考えると、大きなことですよね^^
写真も、縁とタイミングを常に感じています。

今後も、よかったら遊びに来てくださいね。

自分のブログのポリシーは
「袖すりあうも多少の縁」と考えます^^
[ 2012/02/05 10:24 ] [ 編集 ]

Re: Re: 時代の目

Re:♪美姫♪さん


超おひさですね。
元気そうでなによりです。思い出してくれてありがとうございます。
嬉しいです^^
今後もよかったら遊びに来てくださいね^^
[ 2012/02/05 10:26 ] [ 編集 ]

Re: 時代の目

ひととひと 出会いがすべてといっても過言ではないと思います
ひとつの出会いが繋がりを生む
そして一歩一歩と前へ進む道が開けるんだよね
お父様 宮崎氏 サーフと繋がってるんだねぇ
いい風が吹いたね^^
[ 2012/02/10 00:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1730-c6c7467c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。