スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姫木平ハイキングコース 2

DSC_0032_20130909081452ed8.jpg

前回の続きです。
「大笹峰」から「北の耳」に登り、下ってから、「南の耳」に登ります。
青空なら絵になる気持ちのいいコースです。

DSC_0040_20130909081505e8e.jpg
「南の耳」(1838m)到着
以前紹介した、車山のお天気レーダーが右奥に見えます。
その裾野に見えている線を歩いていきます。



「南の耳」を下りて振り返ると、先程歩いてきたコースが見えました。
DSC_0045_20130909082109610.jpg


「車山お天気レーダー」に近づいてきました。
ビーナスライン周辺の風景は明治時代以前から、一帯を野焼きしていたので、このように木のない草原になっていたようです。
DSC_0054_20130909082312688.jpg
さらに線のついている部分を歩きます。


「車山」とお別れし、「殿城山」方面に歩き出した頃、
雲が取れ、「蓼科山」の山並み及び「八ヶ岳」一帯の稜線が見えてきました。
蓼科山の下に広がるのは、白樺湖周辺のスキー場です。
DSC_0063_201309090834337e5.jpg

この日は寒気が入り込んでいたので、夏の雲と秋の雲のウロコ雲が綺麗でした。
DSC_0068_20130909083921ff1.jpg

歩いてきた稜線を振り返りながら、気持ちのいい一日に感謝しました。
DSC_0082_201309090841205e1.jpg

ここから、「殿城山」(でんじょうざん)山頂に行くわけだったんですが
良い風景が眺められたので、下山することにしました。

「殿城山」からの下山ルートは、かなり急で周辺は岩と針葉樹林エリア
DSC_0088_20130909084622865.jpg
こんな風景をずっと見ながら下っていきます。


ちょいと、事件が2つほどおきまして・・・
一つ目は、
カメラはすぐ撮れるよう肩に下げて、リュックのベルトで固定してぶらぶらいないようにしていたんですが
急な坂を下ってきて気付いたら、広角レンズのレンズフードが無くなっていることに気付きました(涙)
戻るわけにいかないので、帰宅後、ネットで注文 約3,000円
一眼持って登山している人、カメラはどうしてますか?と聞きたい!

もう一つ
殿城山を下りきって、Tの字の分岐になりました。あと少しで駐車場だったのに
心理的に下って来たので、分岐を下ったのが大間違い!
行けども行けども、当然駐車場には着かず、
気付いたら「大門街道」まで下りてしまいました(大泣)
ここから戻ること約2km 結局約4kmのロスをしました。

毎年、レンゲツツジとニッコウキスゲの時期にビーナスライン一帯に出掛けていますが
来年は、このルートで撮ろうと思いました^^
ビーナスライン一帯は花の数くらい混んでいます。
こちらでゆっくりしたい人はお勧めです^^


2013.8.26撮影/信州小県郡長和町



撮影の励みになるので
よかったらクリックをしていただけると
嬉しいです。
↓   ↓   ↓ 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。



こちらもクリックお願いします。
↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/09 09:03 ] ビーナスラインエリア | TB(0) | CM(6)

Re: 姫木平ハイキングコース 2

雲は 秋っぽいけど まだ 緑だね
 
山を登るには 両手が 使えないと いけないので
 固定が 必要ですよね
首から下げた カメラを 胸元で ベルトにゴムバンドが
 ついているのが 市販されてますし
  ビックカメラあたりでも 違う風なものが 売られてます
くまは その胸元のベルトのゴムバンドを 使って
 もう一つ ストラップを 買って リックの雨蓋と
  リックを 通して 前に 出して 市販の
   プラスチックの オスと カメラの本体に メスを
つけて 担ぐように 望遠を
 望遠なので フードが 長いので カメラキャップは
  外してます 望遠は 動物などの 対応で
   すぐに 撮れないと いけないしね
広角は 同じ 器具を リックの肩に 取り付けて
 紐付きのキャップを使ってます
  広角の場合 フードが 取れやすいのと
   キャップを 取り外しで なくしそうなので
     紐付を 使ってます
[ 2013/09/09 21:24 ] [ 編集 ]

Re: Re: 姫木平ハイキングコース 2

> 北海道のくま さん

やはりカメラは外に出して登っているんですね。
リュック内に入れちゃうと出すのも億劫だし、すぐ撮れないしね
ネットを色々見てたら、紐を引っ張れば胸元に固定できるベルトが売っていたので
それ買おうかなあ!
フォトリュックで登っているけど、フォトリュック重くて、こちらも買い換えようと思ってます。
あと眠っているミラーレスNikon J1があるので、そちらを使おうかとも・・・思案中
今撮っている写真はほとんど広角と標準で望遠の出番はないです。
だったら、J1の10-20と10-30のレンズがあるので、そちらでもいいかな?と思っちゃってます。
[ 2013/09/11 10:09 ] [ 編集 ]

Re: 姫木平ハイキングコース 2

フォトリックって ほとんど 何も 入らないですよね
 それに アウトドアーで 困るのは 雨
  で 登山用品店で ドライバックってのが 売ってます
雨具などに くるんで 入れるのもいいし
 ソフトケースに入れて 運んで
   そこから 出して 登りだしますね
慣れれば カメラバックより 担いだ方が 楽だし
 ドライバックだと 透湿性なので
  乾燥材を 入れとけば 大丈夫そうです
[ 2013/09/11 21:22 ] [ 編集 ]

Re: Re: 姫木平ハイキングコース 2

> 北海道のくまさん

そうなんですよ。
フォトリュックの上部はカメラとレンズ用でレンズ4本くらいと
カメラボディ2台くらいは入ります。
2機構で下にレインウエアとグローブ等々入れてますが
あんまり入りません。
一応リュックの外側に三脚固定できるタイプですが、三脚まで持って行こうとは思いません(笑)
サイドのポケットには、ベルトでストックも固定できるので重宝はしていますが
とにかく重い・・・

ドライバック 調べてみます^^
カメラはD300とD7000 両方、防水防塵タイプなので、レンズを交換しなければ耐えられると思います。
いつもありがとうございます^^
[ 2013/09/11 23:19 ] [ 編集 ]

Re: 姫木平ハイキングコース 2

またまた コメント ごめんね
 登山すると 汗を かくので
  当然 前に カメラを 置いてるので 
   カメラに 汗が
それが マウントに 入ると ちょっと やばいことに
 髪は 無いけど シャワーキャップは
  しっかりと 役に立ちますね
それに ひーさんも 言ってけど
 霧などのほうが カメラには 悪いそうです
[ 2013/09/12 21:20 ] [ 編集 ]

Re: Re: 姫木平ハイキングコース 2

> 北海道のくま さん

いやいや、いつもコメントありがとうございます^^
汗と霧ですか^^
おいら汗かきなので、登るとすぐに汗が吹き出します。
塩分もあるのでカメラにはやばいですね。
霧も粒子が細かいので侵入しそうですね。
なるほど、シャワーキャップですか
シャワーキャップは雨の日の撮影に重宝しますね。
大雨の花火撮影にシャワーキャップで助かった経験があります。

いろいろ提案ありがとうございます。
提案を参考にしていきます^^
[ 2013/09/13 09:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1791-20c99315


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。