スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

DSC_0051_20130913094729203.jpg


DSC_0053_201309130947284b7.jpg


DSC_0054_20130913094727051.jpg



DSC_0067.jpg



DSC_0065_20130913094726000.jpg



DSC_0062_20130913094727928.jpg


宮崎駿監督の最終映画となったジブリ映画「風立ちぬ」の原作者の1人「堀辰雄文学記念館」に立ち寄りました。
信州北佐久郡軽井沢町大字追分の追分宿の中にありました。
おいらは、映画の方はまだ見ていませんが、ここを見た後、「風立ちぬ」の文庫本を読みました。
堀自身も結核という病になりながら、より病状の重い婚約者に付添って信州のF病院に入った数か月の経験をふまえて、書かれたものでです。
ここでの生活において生と死を見つめて作品を書いていたと思うと、より感慨深い気持ちになりました。

2013.9.2撮影/信州北佐久郡軽井沢町大字追分
Nikon D300/Tamron28-75mm/Tokina12-24mm
Nikon Capture NX 2+Nik


撮影の励みになるので
よかったらクリックをしていただけると
嬉しいです。
↓   ↓   
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。



こちらもクリックお願いします。
↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/13 10:12 ] 信州のその他の風景 | TB(0) | CM(13)

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

雰囲気いいとこですなあ(´┐`)。。。

心をゆっくりしたい時、居てみたいですネー( ´д`)(´┐`)ネー
[ 2013/09/13 11:03 ] [ 編集 ]

Re: Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

> グレさん

軽井沢にあり、風立ちぬの原作者の1人でもあり、
かなりの人気スポットになって来たようです^^
大雨の平日に関わらず、見学者は後を絶ちませんでした。
雰囲気はいいところです。
映画や小説に照らし合わせて味わうことができると思います。
[ 2013/09/13 22:48 ] [ 編集 ]

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

サーフさん こんばんは
素敵な写真をありがとう。
[ 2013/09/13 23:01 ] [ 編集 ]

Re: Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

> tanega島さん

こんばんは
ありがとうございます^^
[ 2013/09/13 23:15 ] [ 編集 ]

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

なにやら宮崎監督最後となると寂しさが・・・
氏独自の反戦アニメ
しっかりと見たいと思ってます

風立ちぬ、いざ生きめやも
いい言葉だよなぁ 
[ 2013/09/14 01:20 ] [ 編集 ]

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

>K'sさん


そうですね。
自然を描いた、自然を語ったバイブルのような人物の映画が見られなくなると思うと
とても寂しい限りです。

今回の映画はしっかりDVDを買ってみようと思っています。
宮崎作品は1回見ても奥に隠されたテーマが読み取れない場合があります。繰り返し見ることで深いものになりますね。

「風立ちぬ いざ生きめやも」
小説「風立ちぬ」 悲しくなるかもしれませんが、読んでみて下さい。
[ 2013/09/14 05:58 ] [ 編集 ]

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

堀 辰雄は軽井沢にゆかり深い人ですよね
私が今回軽井沢シリーズでアップした
聖パウロカトリック教会の木の十字架
堀辰雄 著 「 木の十字架 」にも
その木の十字架を印象的に文章の中
登場させています
堀辰雄 著 「 美しい村 」の
題材も軽井沢から成り立っています
堀辰雄 著 「 菜穂子 」も
信州の自然を舞台としています
軽井沢高原文庫には 堀辰雄が
「美しい村」に登場させている山荘であり
また 堀辰雄自身が 一時 夏の間使用していた
別荘が移築されいます
軽井沢高原文庫は とても好きなスペースで
幾度か 訪れていますが
今だ お写真にある 



[ 2013/09/14 07:37 ] [ 編集 ]

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

コメントの途中で飛んでしまいました
編集出来ませんでしたので 最後書かせて頂きますね

今だ お写真にある
堀辰雄記念館には 立ち寄ってことがありません
お写真 拝見して それが とても残念に
思える程です
最後のお写真にある 蔵書の中で一日
過ごしたいと思います
風立ちね のパンフレットを印象的に
捉えられていますね センスを感じます
私も映画鑑賞しました

紙面を多く使ってしまい ごめんなさいね
お写真 それだけ魅了されました
[ 2013/09/14 07:46 ] [ 編集 ]

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

素晴らしい環境にある屋敷だね^^
こんな場所に居れば色んな想いなど頭に浮かびそうだ^^

こーゆー原作に目をつけて素晴らしい作品を作る宮崎氏の引き出しの広さもすごいね^^
[ 2013/09/15 10:24 ] [ 編集 ]

Re: Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

> りらさん

コメントありがとうございます。
読んでいる文庫本「風立ちぬ」の「風立ちぬ」は全て読みました。
他に「美しい村」「旅の絵」「麦藁帽子」「鳥料理」がありますので
時間がある時にじっくり読もうと思います。
「風立ちぬ」は、自分が行った追分宿、
八ヶ岳や富士見などの朝の光景、夜の光景などが描かれていて
堀が感じた雰囲気と彼女のやり取り、息遣いなどがわかる作品でとても読みやすかったです。
「風立ちぬ」の文庫本にはありませんが「菜穂子」も読んでみたいと思います。
追分宿にある「堀辰雄文学記念館」と
今回は、写真に撮ることができなかった「油や」などは作品に出てくるので来てみる甲斐はあると思います。
あと「風立ちぬ」のパンフレットのフォトは、堀辰雄文学記念館の真ん中のテーブルにありました^^

[ 2013/09/15 10:55 ] [ 編集 ]

Re: Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

> 23さん

映画を見てないので何とも言えないけど
「風立ちぬ」と「零戦」を合わせた宮崎氏は天才だと思います。

映画「風立ちぬ」はDVDを買って、うちのプロジェクターで見たいと思います^^
[ 2013/09/15 10:58 ] [ 編集 ]

Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

静謐で美しい記念館ですね
いかにも文学者のアトリエって雰囲気がいいですね
ぜひ一度訪れてみたい場所がまたひとつ増えてしまいました
サーフさんの写真を見てるといつもそこへ行きたくなる
衝動にかられる魅力的な写真に・・・参ります^^

零戦を設計した堀越二郎と文学者堀辰夫
殆ど同じ時代に生きた青年たちを
ひとりの主人公として活き活きとあの時代を描いた
映画『風立ちぬ』宮崎監督作品最後の長編アニメ
ぜひじっくり見てみてくださいな^^
[ 2013/09/20 23:05 ] [ 編集 ]

Re: Re: 風立ちぬ 堀辰雄文学記念館

> 伯苑さん

「風立ちぬ」是非見たいと思います。
信州北軽井沢にある追分宿 風情があってよい場所ですよ。
この地に堀辰雄がいて、この地を歩いたと思うと感慨深いです。
堀が何を考えていたか、思っていたかも、資料館に資料があるのでお勧めです。
富士見高原にあるサナトリウムから見ていた八ヶ岳も今度行きたいなあと思っています。
[ 2013/09/22 21:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1793-657577d5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。