スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

里山の山頂から

先日の、小浅間山登山いや、ハイキング?いや散歩?なあーんかすぐ着いちゃって、物足りなかったので・・・
翌日、自宅に戻って、近くの里山登りました。

「戸倉山」標高1680m、高低差700m位の里山です。
富士山のカタチはしていませんが、伊那富士と呼ばれる山です。
11時頃入山したんですが、日曜日だったので駐車場満杯(汗)上のキャンプ場に勝手に置いちゃいました。


それでは、行ってみよう!今回も単独登山です^^
DSC_0001_20131209093111dbb.jpg

登山道の樹木は、この日、下の方は紅葉が残っていました。
DSC_0007_20131209093354b83.jpg
残された葉っぱは、輝いて、最後の「暖」を楽しんでいるようでした。

登山道は、比較的登りやすかったんですが、落ち葉が堆積して常にこのような状態
DSC_0011_20131209093605f76.jpg
葉っぱのラッセルでした・笑

ずいぶん登って来たと思ったら、まだ5合目
DSC_0014_20131209093939df6.jpg
この日暑くて、汗だらだらでした。

空がきれいに見える場所に出たので、見上げたら綺麗でした。
カラマツは冬の装いです。
DSC_0015_20131209094236787.jpg

歩くこと約2時間、ようやく山頂に
この山は、西に中央アルプス、東に南アルプスと、2つの眺望を楽しめる山なんです。
この周辺で2つの眺望を持つ山はないとのことです。

まずは、西峰より中央アルプス
冠雪した中央アルプスと下に広がる駒ケ根市や飯島町、宮田村などの伊那谷
DSC_0029_20131209094724a82.jpg
撮影はしなかったですが、この日、乗鞍岳や穂高岳方面も見えました。


そして、東峰からの南アルプス(西峰からも見えます)
南アルプス「甲斐駒ケ岳」(2967m)
DSC_0054_201312090951538e5.jpg

南アルプス「仙丈ケ岳」(3032m)
DSC_0057_20131209095152a02.jpg

塩見岳方面(3052m)
DSC_0076_20131209100027bc4.jpg

登山始めたばかりということもあり、冬山は登りませんが
里山から、冬山を眺めるということもいいと思います^^

2013.11.24撮影/信州駒ケ根市戸倉山
Nikon D300/NIKKOR 18-200mmVR C-PL
Nikon Capter NX2+Nik(Color FX Pro 3.0)/ACDSEE Pro6

いつもたくさんの訪問ありがとうございます。
撮影の励みになるので、よかったらクリックをしていただけると嬉しいです。
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。

こちらもクリックお願いします。
↓   ↓   ↓

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/09 10:06 ] その他・里山など | TB(0) | CM(12)

Re: 里山の山頂から

こんばんは。

雪をかぶったアルプスの山々が美しいです。
上に登らないと見えない光景ですね。

落葉松の木々をを見上げたお写真が好いです。
だいぶ葉も落ちて、いよいよ冬支度ですね。
枯れ落ちた落葉松の木を見ると、田舎の冬を思い出します。

リンクの件ありがとうございます。私も頂いていきますね^_^

[ 2013/12/09 19:55 ] [ 編集 ]

Re: 里山の山頂から

輝きの葉っぱ、綺麗~♪
こんなのみつけると、楽しいネ。
(*^^*)
空も青く白い雪が映えて、綺麗な山山ですね~♪
いい景色♪♪
[ 2013/12/09 20:25 ] [ 編集 ]

Re: 里山の山頂から

初めまして~

母は伊那出身でいつも山に囲まれて育ったから山が恋しいと言っております。

千葉には山がありません。

ここへ来る2007年までは岡谷にいました。

何処見ても山に囲まれてきた人ですから山を観ると大喜びします。

ときどきこちらのお写真を母にも見せています。

とても懐かしがります・・
[ 2013/12/09 23:53 ] [ 編集 ]

Re: Re: 里山の山頂から

> らこささん

地元信州の山のガイドブックや「ヤマレコ」というwebのページで登る山決めています。
ここは登山道もしっかりしていますし、地元の山です。
そして、この風景は信州に住んでいながらも圧巻です^^
里山も冬支度ですね^^
よろしくお願い致します^^
[ 2013/12/10 00:09 ] [ 編集 ]

Re: Re: 里山の山頂から

> nonno さん

輝いている葉っぱ この葉っぱも今はもう落ちちゃってるだろうな。
と、考えると感慨深いですね。
でも、木々はたくましいので、春には芽吹き、そして葉をつける
生を感じますね^^

この山々を見るにはやはりこの季節が最高です。
冠雪した風景 綺麗ですね^^
[ 2013/12/10 00:12 ] [ 編集 ]

Re: Re: 里山の山頂から

> yukari さん

訪問&コメントありがとうございます。
お母様 伊那市出身ですか^^ おいらも今住んでいるところは伊那市です^^
信州人は、山と生活を共にしてきたので、山を見ると安心しますね。
日が昇り、日が落ちる。春夏秋冬ともに山を見て、季節を感じるなどなど
山の存在は大きいですね。
自分も、山のない生活は多分不安定になるかと思います。

こんなブログですが、信州の四季を撮影していますので
お気楽に遊びに来てくださいね^^
[ 2013/12/10 00:18 ] [ 編集 ]

Re: 里山の山頂から

こんばんは~、初めまして♪

南アルプスの山々がまるで手に取るように
こんなにお近くで眺められるなんて・・・
日帰り登山もよりどりみどりですね(笑

今夏に登った甲斐駒と仙丈ケ岳が懐かしいです。。
[ 2013/12/10 01:00 ] [ 編集 ]

Re: 里山の山頂から

はじめまして。
穂高から槍ヶ岳山頂をいつか望んでみたいと願うばかりで叶いませんがこちらで素敵なアルプスの山々を拝見させていただいてほーっと溜息をついています。
我が家からは由布岳が見えます。
1800ちょっとの山ですけど、富士の姿に似てとても綺麗なんですよ。
写真は始めたばかりでほんとにへったぴですけど、よろしければリンクさせてくださいね。

[ 2013/12/10 11:35 ] [ 編集 ]

Re: 里山の山頂から

葉っぱのラッセル( ̄▽ ̄)b グッ!
きらきらの落ち葉を踏み分けて登るのも
この季節ならではで素敵(人´∀`).☆.。素敵.:*・°

冬の装いの唐松もアルプス群も
青空のもと本当に美しいですね^^
[ 2013/12/10 13:13 ] [ 編集 ]

Re: Re: 里山の山頂から

>TIQI さん

訪問&コメントありがとうございます^^
ここ戸倉山からの眺めは最高でした!
南アルプスは、実は自宅からも、甲斐駒と千丈は見ることができるんですが
裾野まで見えて感動的でした^^
信州に住んでいながら、今頃登山を始めましたが、
ホントより取り見取りで、贅沢な環境かもしれませんね^^
信州の山岳ガイドブックやwebで自分の登れそうな山を選んで、当日の空を見ながら登る山を決めてます。

南アルプス登られたんですね。
南アルプスは、いくら地元と言っても、登山ルートが長いので敬遠していますが
いずれチャレンジしたいと思っています。
[ 2013/12/10 19:01 ] [ 編集 ]

Re: Re: 里山の山頂から

> kumi さん

訪問&コメントありがとうございます^^
「由布岳」ということは、大分県ですか?大分1度だけ遊びに行ったことがあります。^^

自分、登山始めたばかりで、「槍ヶ岳」はいいなあとは思うものの、
今の体力や高所恐怖症(笑)では無理と思っちゃってます^^;
いずれ穂高だけでもと・・・^^
自分のリンク貼っている友達に北アルプスらを果敢に攻めている人や、冬の上高地を攻めている人、
全国各地の山に登っている人、山に登って料理を楽しんでいる人などなどいらっしゃいます。
それらの師匠の記録を見ながら、自分も楽しみたいと思います。

写真は、自己流&自己満のフォトばかりですが、今後ともよろしくお願いします^^
こちらもリンク貼らせていただきますね^^

[ 2013/12/10 19:14 ] [ 編集 ]

Re: Re: 里山の山頂から

> 伯苑さん

葉っぱのラッセルってちょっと大げさだったかもしれませんが
大量の葉っぱが登山道に落ちていました。
この日、晴れていたのでよかったものの、濡れていたら怖いだろうなあと思いました。

寒くなるにつれ、空は透明度を増します。
背の高い針葉樹らも映えますね^^
[ 2013/12/10 19:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1863-9b0ad6e1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。