スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入笠山からテイ沢へ

雲に覆われた山頂から、今回は大阿原(おおあはら)湿原 方面に下りる。
山を下るがしばらくすると広い林道、「首切清水」という物騒な名前の清水を脇目に

大阿原(おおあはら)湿原へ
DSC_0049_2014070409100748e.jpg
ここの湿原、ものすごく綺麗に木道整備されていたが、ここも誰もおらずスルー
花は、入笠山同様、コナシ、レンゲツツジ、ウマノアシガタ、クリンソウらが咲いていた。

木道の先にこのような看板が
DSC_0062_20140704091318c9d.jpg

前回、入笠山に来た時、マナスル山荘の管理人さんより、テイ沢いいよ!との話があったので
テイ沢へ向けてGO!

岩と苔がすごく綺麗な沢を下る。
DSC_0067_20140704092113e97.jpg

途中、途中に自生しているクリンソウがたくさん咲いていたが
その先を見ると、鹿の死体が・・・
DSC_0072_2014070409231952c.jpg
この辺りで釣りをしていた人に聞くと、この沢に結構、鹿のこのような死体があるという
普段、山歩きをしても動物の死体とは遭遇しないので、ちょっと驚いたけど
これが本来の自然の姿であろう。

沢は岩筋を流れていく
DSC_0125_201407040928572fc.jpg

山の緑も川に映え、とても美しい光景
DSC_0116_2014070409285683f.jpg

DSC_0104_201407040928573ed.jpg

沢を渡るために、いくつか丸太橋が組まれているが、
中には朽ちそうな丸太橋もあり、ちょっとヒヤヒヤ
DSC_0161_201407040934012a1.jpg

DSC_0149_201407040934510f4.jpg

DSC_0152_20140704093450a3a.jpg

こんな綺麗な場所なら、三脚持って来ればよかったと後悔
全て手持ち写真で、ブレブレでお見せできない写真が複数(笑)
今度は、三脚を持って、じっくり沢のみを撮影してもよいと思いました。

実は、このあとおいらの勘違いで事件が起きましたが、
マナスル山荘の管理人さんと身内のみで内緒です(笑)
道中、協力してくれた人に感謝します。

DSC_0010_20140704094913655.jpg

2014.6.24撮影/信州富士見町「入笠山」・「大阿原湿原」 ・「テイ沢」
Nikon D300/NIKKOR 18-200mmVR C-PL
Nikon Capter NX2+Nik(Color FX Pro 3.0)/ACDSEE Pro6

いつもたくさんの訪問ありがとうございます。
撮影の励みになるので、よかったらクリックをしていただけると嬉しいです。
↓   ↓   ↓

写真(風景・自然) ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます。

こちらもクリックお願いします。
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/04 09:42 ] 南アルプスエリア | TB(0) | CM(12)

NoTitle

テイ沢のご紹介ありがとうございます。
その後の顛末はナイショにしておきますね。
[ 2014/07/04 10:39 ] [ 編集 ]

NoTitle

綺麗な所ですね
この次は是非三脚を持って行って下さい
[ 2014/07/04 19:06 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/07/04 22:50 ] [ 編集 ]

NoTitle

綺麗綺麗~^^
なんぼでも写真が撮れそうな場所だねここも^^
こーゆー場所の匂いって好きなんだよな~^^ 
湿ったコケに触れるのも好きだ^^
[ 2014/07/04 23:01 ] [ 編集 ]

NoTitle

苔むした川いいなぁ
釣り欲をあおられますw
確かに釣りしてるとこっちでもよく見かけるよ
それが自然死だけならいいのだけれどね
そうじゃないことも・・・近くに薬莢を見つけるとまた放置かって悲しくなるよ
[ 2014/07/05 01:02 ] [ 編集 ]

NoTitle

うわぁ~素敵な所ですね~。
岩藻に流れる川・滝にも見える流れ・・・
何と清々しいこと!

鹿の死骸・・・そうこれこそが自然の姿だと思います。
自然の連鎖は大自然の中では当たり前なのに
私達はまるで見てはイケないように生きて来てしまっています。

信州は本当に奥が深いですね~^^♪
[ 2014/07/05 21:01 ] [ 編集 ]

Re: yamaguchiさん

その後の顛末は、内緒で(笑)
法華道 堪能いたしました(笑)
[ 2014/07/09 08:38 ] [ 編集 ]

Re:ぼびぱぱ さん

素晴らしいところでした。
沢も綺麗でしたが、道中の歩きも冒険心をくすぐる場所でした。
[ 2014/07/09 08:40 ] [ 編集 ]

Re: 鍵コメさん

こんな場所なら三脚持参で行けばよかったです。
先日も記しましたが、記事のタイトルをクリックすると
以前よりも大きな写真で縮小していますので、ご覧下さいね^^
[ 2014/07/09 08:42 ] [ 編集 ]

Re:23さん

そうなんですよ。色々な構図が楽しめる場所です。
山の匂い、沢の音 最高でした。
しかも、釣りのおじさんのみで他は誰もいませんでした^^
[ 2014/07/09 08:44 ] [ 編集 ]

Re:K's さん

どうもここは、自然死のようですよ。
釣りのおじさん曰く、冬寒かったからかなあと言ってました。
先日登った山には、奇妙な物体が落ちていました。
どうやら自然死ではなさそうです。
生首でした(笑)
[ 2014/07/09 08:47 ] [ 編集 ]

Re: サラーム さん

ここは素晴らしい場所であまりメジャーではないみたいです。
沢が切り立った岩のところを緩急を付けて流れていて撮りがいがありました。
両側が急な山の斜面で、結構、一人でドキドキしながら撮りました。

鹿の死骸を脇目に咲くクリンソウ
ちょっと考えさせられましたが、これが自然の摂理なんですよね。
[ 2014/07/09 08:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://surf0909.blog118.fc2.com/tb.php/1998-8035a304


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。